そもそもアンティーク家具とは?

職人による手作業の家具が好まれている

image

アンティーク家具は、明確な定義はないものの、熟練した職人が手作業で製作した家具が世界的に価値の高いものとして位置づけられています。特に、近年になって伐採が禁止された木材が使われているアンティーク家具については、各国のコレクターの間で人気が集まる傾向があります。また、機械生産でないアンティーク家具は原則として一点モノであるため、家具のオリジナリティを重視する人から高く評価されています。最近では、欧米の著名な家具職人がデザインしたアンティーク家具がオークションサイトなどで高値で取引されることもあります。なお、アンティーク家具の中には造形が秀逸なものばかりでなく、実用面にこだわったものも多くあり、簡単なメンテナンスを施すことで日常生活で使用することも可能です。

全体のデザインや部品が個性的なものも多い


アンティーク家具は、製造された時代の最高水準の材料が用いられており、全体のデザインや部品に作者の個性が感じられるものが少なくありません。中でも、複雑なデザインが施された数十年前のアンティーク家具については、インテリアとしてだけでなく、芸術作品として位置づけられるものもあります。アンティーク家具の種類によっては、現代の家具のようにメンテナンスが難しいものや、大掛かりなリフォームが不可能なものもありますが、なるべく落ち着いたデザインのアイテムを選ぶことで、室内の他の家具との調和を図ることも可能です。その他、一流の職人が製作したオールハンドメイドのアンティーク家具は、購入先が限られるため時間を掛けて店舗探しをすることが重要となります。